MENU

大阪のラゼック人気ランキング

ラゼックという施術方法は、現在大阪でも増えてきています。同じ視力矯正手術のレーシックとは何がちがうのか、ご説明させていただきましょう。どちらも同じように、角膜の屈折率を変えてピントを合わせやすくする手術であるということは変わりがありません。ラゼックはエピレーシックと同じような術後経過をたどります。眼球の外側を覆っている角膜上皮層を、特殊なアルコールで剥離させ、その下の角膜実質層をレーザーで矯正処理します。レーシックでは、このアルコールでなく物理的なブレードで削り取るため、角膜自体に最低限の厚みがないと受けていただけませんでした。ラゼックならば薄く上皮だけを剥がすので、例えばレーシック不適合と言われた方でも受けていただける可能性があります。諦めかけていた方が、憧れの裸眼生活をおくれる画期的な方法とも言えるでしょう。ラゼックも、エピレーシックと同じく痛みを伴い、角膜上皮が再生するまでの期間ずっと治療をしていかなければいけません。紫外線やほこりから目を守るゴーグルをつけ、点眼薬で再生を促していきます。ただし普通のレーシックでも短い期間ですが同じような治療は必要ですし、またレーシックのように剥離させた組織がずれたりゆがんだりして視界に影響を及ぼすことはありません。アルコールアレルギーの方には受けられませんが、事前の検査時にテストが行われる大阪でラゼックが人気の品川近視クリニックならば安心して受けていただけることでしょう。

 

老眼レーシック 大阪 福岡 レーシック